キノコの栽培方法は、
自然の原木を使う「原木栽培」と
人工の培地を使う「菌床栽培」があり、
その畑となる培地の違いで大きく2つに分かれます。
原木栽培は菌床栽培に比べ、
自然に近い方法で作られるため、
独特の香りで深みのある濃厚な味わいが特徴です。
食品の表示制度でも「原木」と「菌床」の
区分を明示して販売されています。

 

 

菌床栽培とは、
広葉樹のオガクズとキノコの栄養分と水を混ぜて、
固めたブロック状の培地を使い、
その人工の栄養体に元となる「菌」を植え付けて栽培する方法です。
北海道内では90%以上が菌床栽培です。

原木栽培とは、
山に自然に生育している広葉樹を切り出した原木に「菌」を
植え付けて栽培する方法です。
自然に木の栄養分をじっくり吸収し、自然に育てるやり方は、
日本で昔ながらに行われてきた伝統的な栽培方法です。

今、日本では......
食味で優れている原木栽培ですが、年中安定して生産することや、
水分や温度の管理が非常に難しく、
安価で計画的に出荷しやすい菌床栽培が主流となってしまいました。
こうした生産・販売側の事情から、
優れた原木栽培の椎茸はどんどん生産量を減らすことになり、
現在では国内産の原木椎茸は30%以下になってしまいました。

<BACK HOME NEXT>